ワキガ対策 クリーム

ワキガ対策はクリームで!スプレーで効かなかった私がクリームならイイみたいです。

ワキガ対策はクリームのほうがいい!

ワキガ対策クリームを試してみました!

 

ワキガ対策はこれまでスプレーでやっていましたが、どうも効果が感じられませんでした。

 

ところが、最近のワキガ対策はクリームが人気だということで、ワキガ対策クリームを試してみたところ、これまでが嘘のようにワキガの臭いを感じなくなったんです。

 

スプレーってワキに狙いを定めるのが難しくて空気中に散らばっったりしますが、クリームならしっかりと対策したい部分に塗り込むことができるのがいいですね。

 

クリームは一時的にワキガの臭いを抑えるのではなく、朝晩続けて塗ることで臭いだけでなくワキガの症状自体を抑えてくれているような、そんな気もします。

 

でもワキガの原因となるワキからの分泌物は、もともとはフェロモンらしくて、私のように分泌物が多い人は時間が経つとニオイ菌が繁殖して嫌なワキガ臭になるみたいですね。

 

なので、ワキガ対策で大切なことムリに香りをつけるのではなく嫌な臭いに変わるのを防ぐことがということですね。

通販でのクリームがまさかの大あたり!!

脇の臭いが気になります。夏場になると特にです。雑巾のような臭いがしてくるので、雑菌が繁殖しているのだと思います。皮膚科に受診に行こうかと思ったのですが、医師が男性なので勇気がなくていけません。自分で何とかしようと考え、まずは制汗剤を試しました。

 

ドラッグストアに売っている市販のもので、なるべくローズ系など香りの強いものを試しましたが、拭き掛けた時にはいいのですが、1時間もすると脇から臭いがしてきました。仕方がないのでこまめに拭き掛けるようにしたのですが外出先が困るのです。お手洗いの個室でスプレーしたのですが、音もシューとしますし、香りもするので他の方の目が気になり他の方法を検討しました。

 

雑菌の繁殖なら清潔にすればいいのだと、入浴の際の洗い方を工夫してみました。脇を洗う時はボディーソープ(ボディーソープは弱酸性のものです)を浴泡だててマッサージするように洗いました。入浴後は、湿気がたまらないように冷風をあてるようにしました。しかし、この方法も汗をかけば臭いはしてきました。

 

ならばと香り付きの汗脇パットをして汗自体を吸収しようと考えましたが、汗を吸収した汗脇パットからも臭ってきたの、こちらの方法も断念しました。

 

そんな時、ネットを見ているとワキガ用のクリームの広告があって、ダメ元で購入してみました。初めてのクリームタイプなのでベタベタしないか心配でしたが、汗をかいてもベタベタせず、そのまま洋服を着ても、洋服には付きません。クリーム自体に臭いはあるわけではないのに何時間経っても臭いはしてきませんでした。朝、自宅で塗ればOKなので人目も気にせずずっとリピートして購入しています。塗り直しをしたことがありません。お風呂で洗えば落ちるので本当にいいクリームに出会えたと思っています。

 

両脇のワキガ対策として取り組んでいること

ちょっと恥ずかしいことですけれども、私は両脇ともワキガの症状が出ています。冬の間はそんなに大した症状ではないのですが、夏になって汗ばんでくると臭いを感じずにはいられません。最初は気のせいかと思ったのですが、ワキガ特有の少しすえたような臭いはとても特徴的ですし、それが自分の脇から発せられていると知ってちょっとショックでした。

 

私は夏になるとTシャツ1枚で過ごすことが多いため、ワキガの臭いが外へと通り抜けやすいです。そのため、私自身がワキガの臭いを感じられるのだと思います。

 

私自身がワキガの臭いを嗅ぐことに関してはしかたがないので我慢できますが、それを他人にも嗅がせてしまうのはマズイという気持ちがあります。そこで、少しでもワキガの臭いを和らげるための対策をすることにしました。

 

まず心がけて取り組んでいるのは、脇の洗い方です。今まではお風呂でどちらかと言えばサラッと洗うだけでしたが、現在はゴシゴシとかなり強く洗うようにしています。そうすれば脇に付着しているわきがの臭い菌が取れるかもしれないので、なるべくそうするようにしています。それをしたからといってワキガが完全になくなるわけではないですし、むしろ効果が発揮されているのかどうか少し怪しいのですが今は信じて取り組んでいます。

 

また、ボディーソープも爽やかな香りのボディーソープを使って臭いを上手く誤魔化せるようにしています。ですので、これからも自分なりのワキガ対策をしていきたいです。

 

自宅でできる、夏のワキガの臭い対策3つ

ワキガというのは、汗、皮脂、たんぱく質を栄養として育つ細菌が増殖し、その排泄物が出す臭いが臭くなる現象です。汗腺の中でも特に、アポクリン汗腺と言われる汗腺から排出される汗が、皮脂やたんぱく質を多く含んでいるので、アポクリン汗腺の多いワキ、耳の穴、おへそ、足が特に強烈な臭いを発しやすいのです。そこで、少しでも臭いを軽減するための、自宅でできるお勧めのワキガの臭い対策が3つあります。

 

ワキガ対策その1

1つ目は、基本中の基本、ワキガ対策の消臭対策になるデオドラント製品を使うことです。ワキガを抑えるには、臭いの元となる細菌を押さえることがまず必要です。そして、最近のエサとなる汗も同時に抑えることができる製品を使うと、さらに効果的です。購入する際はよく商品の説明を見て、両方一気に押さえることができる製品を買うことがお勧めです。

 

ワキガ対策その2

2つ目は、食生活を見直すことです。アポクリン汗腺から出る皮脂の量を減らすために、まず食生活を見直すことが必要です。揚げ物や脂の多い炒めもの、油分の多く入ったスナック菓子やチョコレート、洋菓子等を控えるだけで、出る汗の種類が全く違います。また、野菜を多く摂ることで、毛穴から排出される汗の量が減ることがわかっていますので、積極的に野菜中心の食生活を心掛けることです。特にビタミン類は、脂肪を分解したり、皮脂の量を減らしてくれるので、意識して摂ると効果を感じることができます。

 

ワキガ対策その3

3つ目は、しっかりとお風呂につかることです。臭いの素は汗でなく、あくまでもアポクリン汗腺から多く分泌される皮脂を好む細菌なので、皮膚の表面にいる細菌だけでなく、毛穴に詰まった細菌も全てしっかり除菌できるように、入浴して汗腺を広げたうえで、しっかりと身体を洗うことが大切です。なるべくなら半身浴でしっかり汗を出した後に水分を補給し、さらさらした汗が出るように新陳代謝を活発にするとよいです。